遺言

HOME > 遺言

遺言書について、あなたはどのようなイメージを持っていますか?

「遺言書はお金持ちが書くものだから自分たちには関係ない。」 「若いうちは関係ない。歳をとってから考えればいい。」 おそらく殆どの方がこのように考えていると思います。 本当にそうでしょうか?
答えは『 いいえ 』です。
残念ながら人にはいつしか必ず「死」が訪れます。そして、人が死ぬと同時に相続問題が起こります。 皮肉なもので相続はよく「争族」と言い換えられます。身内同士での骨肉の争いに発展することも少なくないのが原因でしょう。故人をしのび、心身ともに疲れ果てているときに、それでも否応なく降りかかってくる相続問題…。

遺された家族は、このとき初めて「遺言書を書いてくれていれば良かったのに」と思うのです。
遺言書は、遺された家族や大切な人たちに相続問題で大変な思いをさせないために書いておくべきです。

遺言書とは

遺言書は、自分の死後に残った財産(これを遺産と言います)の処分方法など、遺言者の最後の意思表示です。 遺言書は、満15歳になれば、誰でも自由に書くことができます。ただし、遺言書の書き方や手続きは法律で決められていますので、その方式は守る必要があります。遺言書には様々な種類がありますが、一般的に作成される『自筆証書遺言』か『公正証書遺言』のメリット・デメリットを挙げます。
  1. 自筆証書遺言
    最も簡単な遺言で、本人が全文を自筆で書きます。
    メリット : 自分でも気軽に作成することができる
    ほとんど費用がかからない
    デメリット: 方式を守って書かないと遺言書が無効になる恐れがある
    第三者による偽造・変造、また、紛失の恐れがある
    家庭裁判所での検認の手続きが必要である
  2. 公正証書遺言
    最も安全な遺言で、公証人が公正証書に作成します。
    メリット :

    公証人が作成するので方式に不備がない

    原本を公証役場が保管するので、偽造・変造や紛失の心配がない
    家庭裁判所での検認の手続きが必要ない

    デメリット: 時間と手間がかかり、作成に立ち会う証人も2名必要
    公証人に支払う遺言作成手数料などの費用がかかる
会員募集
お問い合わせはこちら
特定非営利活動法人あいりす
福岡県北九州市
八幡西区本城東5丁目11番13号
メゾン・ド・ウエル1階
【認証番号】
福岡県認証 23社活第2号-4
TOPに戻る